40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

あなたの冷めた夫婦仲、幸せホルモンのオキシトシンに助けてもらいませんか?

福田です。

あなたの夫婦仲はうまくいってますか?

f:id:amknz420:20170704202201j:plain

ボクはというと…
倦怠期真っ盛りって感じですかね~(大汗

 

幸せホルモンのオキシトシンって知ってますか?

きっと聞いたことがある人も多いはず。

 

今回はそんなオキシトシンが、
どんな効果をもたらすのか、

 

どうしたらオキシトシンを増やすことができるのか
を調べてみました!

 

オキシトシンは幸せを呼び込むホルモン?

 

オキシトシンとは、脳から分泌されるホルモンで
別名『幸せホルモン』『愛情ホルモン』と呼ばれます。

 

認知症などに応用できるのではないかと
研究されてもいるんですよ。

 

オキシトシンは人間関係を円滑にしたり、
パートナーとラブラブになれたり、
ストレスを和らげて、
幸せな気分をもたらしてくれるホルモンなんですよ。

f:id:amknz420:20170704202311j:plain

その他にも記憶力の向上や筋肉の回復力の向上など、
精神面にも肉体面にも良い効果がたくさんあるんです!

 

幸せな気分になれば、普段の思考なども
良い方向へ転換させやすくなり、

気分だけでなく、本当に幸せを
呼び込めるのではないでしょうか!

 

オキシトシンを増やすには

 

オキシトシンは残念ながら、
食べ物などから増やすことはできないんです。

 

しかし、ある一定の行動を取ることで
オキシトシンを増やすことができるんです!

 

その行動とは?

 

 ・パートナーとスキンシップをとる

 ・映画や本で感動する

 ・ペットをかわいがる

 ・人と一緒に食事する

 

こんな感じに、相手のことを思いやったり、
意識的に感動する毎日を送ることが大切なんですね。

 

例えば、結婚生活が長くなるとお互いに触れ合ったり、
目を見て穏やかに楽しくおしゃべりしたり、
なんてことが縁遠くなってしまいますよね。

 

そうすると、せっかく大切な人が側にいるのに、
お互いにオキシトシンの分泌が減ってしまって

日常生活で不満を抱えたり、
楽しくないと感じてしまうんです。

 

これじゃ、不仲につながっても
おかしくないですよね…

 

もうお互いに触りたくない、
触られたくないと思っていても、

背中を撫でたり肩をマッサージしたりすると、
どちらにもオキシトシンが増える
という結果が出ているんですよ。

f:id:amknz420:20170704202243j:plain

始めは気味が悪い目で見られるかもしれませんが…(笑

 

でも、続けることでオキシトシンが増えると
お互いに心地良い時間を過ごせますよ〜。

 

オキシトシンを増やすマッサージ

 

皮膚を撫でられて心地良い
と感じると活性化する神経線維は、
毛が生える皮膚にだけ存在しています。

 

手の平や、足の裏にはないってことですね。

 

この神経線維がある場所をマッサージすると、
効率よくオキシトシンを増やすことができますよ。

 

では、マッサージの方法をみていきましょう!

 

 1.マッサージする時の圧は、さするよりも少し強めに

 2.1秒に5cm進むくらいのゆっくりな速度で

 3.毛流れに沿って

 4.腕でも足でも背中でも、触りやすい場所でいいですよ

 

オキシトシンを増やすマッサージを
相手にしてあげることで、

あなたにもオキシトシンがたくさん分泌されます。

 

そうすると仕事のストレスを和らげてくれたり、
自律神経を整えてくれたり、痛みを減らしたり、

あなたの身体にも
良い効果がいっぱいあるんですよ!

 

いかがでしたか?

 

女心と秋の空と言われるように、
女性の気持ちは変化が大きいですよね。

f:id:amknz420:20170704202407j:plain

これはホルモンバランスの影響を
受けることが多いのですが、ボクたち男には
なかなか理解してあげられませんよね…

 

そんな女性の心を少しでも穏やかにしてあげるのを、
ボクたち男の役目にしてもいいのではないでしょうか?

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる