40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

危険な食べ合わせ、健康に興味なくても知っといて!まさかベーコンとほうれん草のソテーが…!

昔からよく、

「一緒に食べたらお腹こわすよ!」
って言われた記憶ないですか?

 

よく食べ合わせが悪いってことを
注意されたものですよね。

 

これは合食禁(がっしょくきん)といわれる、
一緒に食べるときの食材の取り合わせが
悪いとされる言い伝えです。

 

一般的に、消化に悪いと言われるものが多いです。

 

その他にも、一緒に食べることで
せっかくの栄養を吸収できなかったり、

なんと発ガン性物質をつくりだす
食べ合わせもあるんですよ。

ビックリですね!

 

今から晩ごはん、っていうあなた!
食卓に並んだレシピ、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

食べ合わせの悪いものって意外と身近にある!

 

天ぷらとスイカ

これは聞いたことがある人も多いのでは?

f:id:amknz420:20150509125512j:plain

”水と油”というように、
油分の多いものと水分の多いものは
避けた方がいいですね。

f:id:amknz420:20130227160002j:plain

油の多い天ぷらと
水分の多いスイカを一緒に食べると、
胃液が薄まり消化不良を起こします。

 

うなぎと梅干し

これも聞いたことがあるのでは?

f:id:amknz420:20150102182327j:plain

これはうなぎの脂と
梅干しの強い酸味がぶつかり合って、
消化に悪いと言われてきました。

f:id:amknz420:20140903085803j:plain

でも実際は栄養学的に言うと、
酸味が脂の消化を助ける上に

味の相性も良い食材同士で
全く問題ないようです。

 

あれれ?

昔からの言い伝えでは、うなぎと梅干しのように
科学的な根拠のないものもあるのでしょうか?(笑

 

他にもありますよ〜。

 

大根と人参

人参に含まれるアスコルビナーゼには
大根に含まれる豊富なビタミンCを
壊す作用があるんです。

f:id:amknz420:20170611070052j:plain

おっと、ボクがよく作る豚汁は
まさにこの組み合わせではないか!(汗

 

他にも紅白なますはこの組み合わせですが、
たくさんの酢を使うことで
アスコルビナーゼの働きを抑えてくれます。

 

蕎麦(そば)と柿、カニと柿

身体を冷やす蕎麦や、

f:id:amknz420:20121024141907j:plain

傷みやすいカニと柿を一緒に食べると
身体を冷やして、内臓機能が低下し
腹痛になると言われています。

f:id:amknz420:20151007191750j:plain

 

f:id:amknz420:20170611070215j:plain

冷え性の人は症状が重くなるので注意が必要ですね。

 

酒とクルミ

これはボクらの年代には該当する人が多いかも…。

f:id:amknz420:20170611070232j:plain

酒もクルミも、血圧を上げる効果があるため
高血圧の人は避けた方がいいですね。

f:id:amknz420:20141228123548j:plain

今まで必死に血圧を下げる努力をしてきたあなた、
この組み合わせ、よ~く覚えといて下さいよ!

 

ラーメンと米

そのまんま、”ラーメンライス”ではないか!

f:id:amknz420:20170611070300j:plain

ボクもスープが濃ければ濃いほど
ご飯が欲しくなりますね!(スープ全部飲む派なので)

 

でもこの2つは共に
糖質を分解してくれるビタミンB1を
あまり含んでいないんです。

 

そのため、炭水化物摂取量が増えて、
疲労や肥満を招くようですね。

 

そういえば最近だるくて、
疲れがなかなか取れないのはこのためかな~?

 

まぁ、ふつーに太る組み合わせだって
わかってるけど、やめられないですよね〜

特に酒の後は。

 

たまにのご褒美にしときましょう!

 

トマトとキュウリ

ボクってけっこうこう見えて
ベジタリアンなんですよ(笑

f:id:amknz420:20150516120913j:plain

濃い~のも好きだけど、
野菜も大好きです!

 

でもこの組み合わせにはビックリ、
夏には定番の組み合わせではないか!

f:id:amknz420:20170115183910j:plain

キュウリに含まれるアスコルビナーゼが
トマトのビタミンCを破壊してしまうんですね。

 

酢やマヨネーズを加えることで
栄養素を守ることができます。

 

酒とカラシ

”酒とカラシ”を一緒に摂るといえば、
おでんですよね~。

f:id:amknz420:20110928205159j:plain

冬の寒いときには相性バッチリです!

 

でもこれは血行が良くなりすぎて、
炎症がひどくなったり
肌の弱い人は蕁麻疹が出たりしちゃいます。

 

心当たりがるあなた、避けておきましょうね。

 

本当に危険な食べ合わせはコレ!ガンになるかもよ!?

 

ボクたちが普段から食べる食品に含まれる、
亜硝酸ナトリウムとアミンという物質が
化学反応を起こすと

 

なんと!ニトロソアミンという
発ガン性物質に変化してしまうんです!

 

アミンと亜硝酸は色々な食材に含まれるんですよ。

 

レモンと紅茶

レモン自体が悪いのではなく、
大量に振りかけられてる防腐剤が原因になるので、
皮をむいて紅茶に入れれば大丈夫なんですね。

 

ということは、普段当たり前と思っている
コレってNGってことですよね(汗

f:id:amknz420:20170611070422j:plain

こんなことできるのは無農薬の国産物だけで、
一般に出回ってる輸入の果物は
こんなことしてはダメなのですね。

 

輸入物が大多数を占める
バナナやパイナップルはてきめんです!

(皮は食べないけど、大量の農薬に
浸されたり振りかけられてます!)

 

ベーコンとほうれん草

omg…、こんな相性のいい組み合わせがNGだなんて。

 

長年食べてきたベーコンとほうれん草のソテーが
食べれんやんけ!!

f:id:amknz420:20170611070438j:plain

ほうれん草に含まれる硝酸が体内で亜硝酸に変化し

ベーコンに含まれるタンパク質分解物と反応して
発ガン性物質、ニトロソアミンがつくられます。

 

対策にはパセリを加えればOK!

 

でもベーコンとほうれん草のソテーに
パセリを入れるなんて、
ボクは食べたことないですね。

 

亜硝酸ナトリウムは
自然の食べ物にも含まれていますが、

漬物やハム、ベーコンなどといった
加工食品に添加物として多量に使われています。

 

加工食品をゼロにするのは難しいですが、
なるべく気を付けたいですね!

 

いかがでしたか?

せっかくの身体のための栄養素を
実は壊してしまっていて、
吸収されてないなんて損ですよね。

 

今回の記事で食べ合わせの悪いものを少し覚えておいて、
栄養を摂り損ねることのないようにしたいものですよね~!

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる