40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

効果絶大!?片鼻呼吸法はメリットだらけ…そんなの知らなかった

すー、はー、すー、はー。

 

たまにはラジオ体操や深呼吸もいいものですね。

f:id:amknz420:20080407142237j:plain

上半身も下半身も、
左半身も右半身も

バランスよくっていうのは基本ですよね。

 

食べ物でも、土の上にできるものと
土の中にできるものをバランスよく食べると、

身体の「陰」と「陽」のバランスが整うっていうし…

 

ところが、鼻で呼吸をする際に
片方だけで吸ったり吐いたりする方法が、

実は健康に深く結びついているそうなんです。

 

今回はまだ一般には馴染みの薄い
片鼻呼吸法についてを調べてみました、

どうぞ読んでいってくださいね。

 

そもそも片鼻呼吸法って?

 

口呼吸より鼻呼吸が良い(というか普通)、
くらいはボクも知ってましたけど、

片鼻呼吸法なんていうのがある
というのは初めて知りました。

f:id:amknz420:20170530214657j:plain

一体どういうことなのでしょうか?

一連の流れを簡単に説明すると…

 

 1.リラックスして座ります。
   体の力を抜いてくださいね。

 2.右手で顔を覆うようにして、人差し指と中指を眉間に、
   親指を右の鼻の穴に、薬指を左の鼻の穴にあてます。

 3.薬指をそっと動かして、
   左の鼻から吐けるだけ息を吐きます。ゆーっくり。

 4.そのまま左の鼻から、ゆーっくり、
   吸えるだけ息を吸ってください。

 5.そうしたら薬指を戻して左の鼻の穴を塞ぎ、
   親指を外して右の鼻の穴からゆーっくり息を吐きます。

 

こう書いただけじゃイメージわかないと思うので、
動画も参考にしてみて下さいね。

 

youtu.be

 

ポイントは、
息を吸えるだけ吸い、
吐けるだけ吐ききる。

そしてゆっくり行うこと。

 

実はこれ、ヨガで大事にされている
6大呼吸法の一つなんです。

 

ナーディ・ショーダナとか
ナディ・ショーダン・プラーナヤーマ
とか言われています。

 

f:id:amknz420:20170530214738j:plain

 

そしてなんと、中国古来より伝わる健康法である気功にも、
この片鼻呼吸法があるんですね。

 

ヨガにも気功にもあるなんて、
なかなか信ぴょう性があるのかな?
って感じの方法ですよね!

 

今度から、朝起きたらとか寝る前にとか、
試しにやってみよっかなって思います。

 

こんなにあるの!?鼻呼吸のメリット・口呼吸のデメリット

 

そもそも、口というのは
食べ物を食べるための器官なので、
呼吸には向いてないのですね。

f:id:amknz420:20170530214841p:plain

口呼吸のデメリットはというと、

 ・口が乾燥しやすくなる→唾液による
  ミネラル成分の補給が行われにくい

 ・免疫力が低くなる→虫歯になりやすい

 ・口の中の殺菌作用が落ちる→歯周病になりやすくなる

 

そして、風邪やインフルエンザに
かかりやすくなってしまうんです。

 

また、口呼吸では呼吸が浅くなりやすいので、
緊張しやすく、心身にストレスがかかる状態を
維持してしまっていることになります。

 

結果、パニック障害などの精神疾患になる可能性が
高くなっちゃうそうなんですね。

 

じゃあ鼻呼吸のメリットはというと…?

 

 ・免疫力が高まって病気にかかりにくくなる

 ・腹式呼吸を促すので、深く呼吸することができる
  →心身をリラックスさせる効果大!

 ・眠りの質が良くなるので、安眠できるようになる

 ・片方の鼻を交互に塞ぐことで、
  右脳と左脳を交互に刺激することができる

 

f:id:amknz420:20170530214934j:plain

 

そしてこれは女性の皆さんに朗報!

鼻呼吸はなんと、
口元などが引き締まってくる小顔効果も、

顔の歪みやシワを改善してくれる
アンチエイジング効果もあるそうなんですね!

 

これはもう、やるっきゃない!?(古っ

 

いかがでしたか?

 

気功では、
「生物は口で呼吸するようにはできていないので、
普段から口呼吸をしていると自分の能力に
リミッターをかけてしまっている」

とも言われているんですね~。

 

よし!ボクもアホみたいにポカーンと
口を開けるのをやめて、

片鼻呼吸法でリミッター解除したら
すごい能力が目覚めるかもね…?

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる