40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

アーモンドが健康食?ダイエット効果のあるナッツってホントなの?

皆さんはアーモンドチョコとか
アーモンドクッキーって好きですか?

 

アーモンドって香ばしくてウマいし、
酒のつまみにもいいし、結構よく食べてます。

f:id:amknz420:20100424101200j:plain


でもナッツ類は一般的にカロリーが高いとか、
食べすぎるとニキビが出るとか、
あまり身体にいいっていうイメージではないですよね?

 

ところが実はこのアーモンド、
ただウマいってだけでなく、

どうやら身体にとって良い効能ばかりを
持っている食品らしいのです。

 

これを読んでいただけたら、
これからアーモンドを見る目、
かなり変わってきますよ!


毎日アーモンド食べてダイエット?

長年アーモンドの研究をされている
とある医学部教授は、

アーモンド農場を訪れた際に
ただ「美味しいから」という理由だけで、
毎日のようにアーモンドを食べ続けていたそうです。

 

普通ならアーモンドを毎日食べたら太るでしょ、
てなりますよね。

f:id:amknz420:20170524223202j:plain

しかしなんと、数ヵ月に体重はマイナス5kg、
しかも悩みのタネだった顔の吹き出物もなくなったそうです。

 

ダイエットと言えば野菜の食物繊維が
一番注目されている感じですが、

いやいや、アーモンドも負けてはいませんね。

 

アーモンドに含まれている食物繊維はゴボウの約2倍で、
鉄分は有名どころのほうれん草の
なんと約6倍も含まれているのです。

 

野菜を毎日たくさん食べるって、
結構大変なんですよね。

でもアーモンドを毎日食べれば
食物繊維だって大量に摂取できて、
ダイエット効果も期待できちゃうんですね。


だからといって3食アーモンドだ~!
なんてのはいけません。

 

アーモンドは結構ハイカロリーで、
10粒=ごはん1/3杯に相当するんだとか。

毎日少しずつ、が良いみたいです。


アンチエイジングや高血圧にも


抗酸化作用の高いビタミンEですが、アーモンドには
カボチャの約5倍含まれていることが分かっています。

 

つまりアーモンドを食べていれば抗酸化作用が高まり、
老化も予防できるということなんですね。

f:id:amknz420:20170524223411j:plain

その他にも、塩分がないため
高血圧の方にもおススメですし、

カルシウムが多いので貧血気味の方にも、
骨粗しょう症が気になるな~って方にも
是非是非食べていただきたいです。

 

ただし!
市販品は塩分を加えたものが
多いですからNG、

必ず無塩のアーモンドを選んでくださいね。

 

砕いてサラダに振りかければ、
いつもの平凡なサラダも
高級レストランのメニュー並みにレベルが上がりますよ。


簡単手作りアーモンドミルクで健康体まっしぐら!


アーモンドミルクって何?
って思われた方も多いと思います。

 

そこでレシピをご紹介。
材料はアーモンドと水だけ!

 

YouTube動画も参考にしてみて下さい。

youtu.be


 1.アーモンドを1カップを一晩水に漬けておく
 2.アクの出た水を捨て、新しい水とアーモンドをミキサーにかける
 3.漉(こ)したら、アーモンドミルクのでき上がりです。

 

アーモンドミルクといっても、牛乳と混ぜるのではなく
水で作ってもミルクのように真っ白に仕上がるんですね。

 

漉して残ったカスは、ハチミツと一緒に
ヨーグルトに入れて食べれば、
余すことなくアーモンドを堪能できます。

f:id:amknz420:20170524223257j:plain

シリアルや手作りクッキーに混ぜても
美味しく食べれます。

なんといってもアーモンドミルクは
コレステロールがゼロなんですね~。

 

これはもう体型が気になる方は、飲むしかない!

 

いかがでしたか?

 

ピーナッツのようなナッツ類は
カロリーが高いと敬遠されがちですが、

意外にも調べてみるとアーモンドは
身体にいい事だらけでした。

f:id:amknz420:20170524223331j:plain

いやぁ、ボクもその大学教授のように
毎日無塩アーモンド食ってみようかな~って思いましたね。

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる