40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

病的近視の視力回復にはコンタクト?メガネ?100均のアレも効果あり!

歳を取るにつれ、
露骨に現れる症状として多いのが
視力の低下

 

なかでも病的近視
失明の恐れもある怖い眼の病気です。

 

f:id:amknz420:20170523225103j:plain

なんと日本人の40代以上の40%が
病的近視にかかっているといわれています。

 

病的近視は何らかの理由により極度に近視が進んで、
例えればラグビーボールの形状のように
眼球がいびつになる場合もあるようです。

 

病的近視は遺伝が多いともいわれ、
子供の頃から発症し少しづつ進行していき、
失明原因の4位という調査結果もあります。

 

病的近視とは?

 

病的近視は強度近視ともいわれていて、
目の筋肉を使ってピントを合わせる機能が
弱ってくることにより起こります。

 

この調整機能を補完するのが
コンタクトレンズやメガネです。

 

筋肉の伸縮がうまく機能しないため、
眼球にレンズを装着することにより視力を回復し、
病的近視を抑えるためです。

 

病的近視が進むと飛蚊症(ひぶんしょう)、
網膜剥離(もうまくはくり)などが
起こりやすくなります。

 

また我々40代以上になると
緑内障や白内障もかかりやすくなります。

 

緑内障についてはこちらの記事を参考にして下さいね。

www.genki55.com

 

あなたは病的近視ではないですか?

 

それでは、あなたは病的近視でないかどうか、
簡単に調べてみましょう。

 

f:id:amknz420:20170523230132j:plain

人さし指の腹を自分に向け、
指を立てたまま顔に近づけます。

 

目を細めずに、指紋まではっきり見える位置が
眼前11センチ以上であれば強度近視ではありません。

 

もちろん、コンタクトレンズやメガネは外してくださいね。

 

また一般的に40代以上になると老眼になりやすく、
これは加齢によるものなので予防は難しいようですね。

 

こちらは遠視で新聞や本の小さな文字を、
少し離してピントが合うようになったら
老眼の始まりってことが多いです。



病的近視に遠近両用コンタクトレンズを使用する場合

 

病的近視のような強度な近視には
コンタクトレンズの使用が有効です。

 

f:id:amknz420:20170523225244j:plain

コンタクトレンズは眼球に直接レンズを装着するため、
メガネに比べて遠近両用特有の見たときの歪みがありません。

 

そして視野も広いのが特徴です。

 

ただし保管方法に気をつけたり
日常の手入れが必要で、

コンタクトレンズについた汚れがもとで
炎症を起こすこともありますし、
角膜に傷がつくこともあります。

 

ご存知のとおり、コンタクトレンズには
ソフトとハードの2種類があります。

 

ソフトの方は近頃は使い捨てが主流のようですね。

 

ソフトコンタクトレンズは柔らかいので
つけ心地が良く疲れにくいのが特徴です。

 

激しい運動時でも装着できますし、
酸素通過性が優れているため、目が乾燥しません。

 

ハードコンタクトレンズ
乱視の矯正に向いています。

 

硬い素材でできているため、光の屈折を
正確に補正することができるためです。

 

レンズのサイズがソフトコンタクトレンズよりも小さく、
角膜へ酸素を送ることができます。

硬い素材のため耐久性に優れており、
長く使うことができます。

 

病的近視に遠近両用メガネを使用する場合

 

病的近視かどうかにかかわらず、
すでに近視の方が老眼になった場合に使うメガネが
遠近両用メガネです。

 

f:id:amknz420:20170523225525j:plain

遠近両用ですから、1枚のレンズが
縦方向に度数が変わっています。

遠くを見るときには上部のレンズを、
手元を見るときには下部のレンズを使います。

 

コンタクトレンズよりもメガネは取扱いが楽ですし、
メガネを変えることによってコーディネートを
楽しんでいる方もいらっしゃいますね。

 

老眼鏡っていうとかなりイメージが悪いけど、
メガネショップの中を見渡すと、
最近はオシャレなデザインがたくさんあります。

 

f:id:amknz420:20170523225619j:plain

密かに『メガネデビュー』できて
嬉しくなっちゃってる自分がいたりなんかして…

 

病的近視の視力回復にピンホールメガネ

 

病的近視や強度の近視を改善するには、
手術を考慮したほうが良いようですが、

まずは眼科医の診療を受けた上で、
コンタクトレンズやメガネからスタートするのが確実です。

 

やはり眼といえども、手術となると
身体に対する負担が大きいですからね…。

 

病的近視の疲労回復に
ピンホールメガネというのがあります。

 

f:id:amknz420:20170523225734j:plain

これをかけて遠くを見ると目が良くなると言われています。

 

遠くを見ることで目が近くを見るレンズから
遠くを見るレンズに切り替わります。

 

このピンホールメガネを使用すると、
その先の物を見ようとすることで
目のレンズが遠くを見る機能に切り替わります。

 

人間の元々ある特性を上手く活かすことが
できるようになるメガネなんですね。

 

これはピンホール現象を応用したもので、
目に入る光を細くすればするほど、ピントを合わせる
必要がなくなりよく見えるということです。

 

余談ですが、一眼レフカメラもレンズを変えることで、
背景をぼかしたり、被写体全てにピントが合っているような
写真を撮ることができるのです。

 

いかがでしたか?

 

病的近視の一般的な対策としては、
遠近両用コンタクトレンズやメガネといった
視力を補う道具を使用することです。

 

視力回復にはサプリメントや
視力回復トレーニングもあります。

 

f:id:amknz420:20170523230023j:plain

しかし、病的近視は
悪化すれば視力を失う可能性もあります。

 

またボクたち40代には加齢による遠視も加わります。

視力に衰えを感じたら
まずは眼科医に相談することが大切ですね。

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる