40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

突然あなたも緑内障に!40代の20人に1人に襲いかかる失明の危機

緑内障っていう病気、
年寄りのなる病気だと思っていませんか?

f:id:amknz420:20170513064554j:plain

ところが実際は、ボクたち40歳以上の20人に1人
この病気にかかっているんです。

コレって驚きじゃないですか!?

 

今回は40歳から気を付けなきゃイケナイ眼の病気、 
緑内障について調べてみました。

 

緑内障って原因不明の要素が多いらしい?!

 

緑内障の原因の1つは、眼圧が上がることです。

 

眼圧とはキチンと物を見るために、
眼球の中の房水という水分が眼球に一定の張りを与えて、
形を保つ圧力のことをいいます。

f:id:amknz420:20090816152559j:plain

この房水の流れが悪くなると、
眼球の張りを一定に保とうとして眼圧が上がるのです。

 

眼圧が上がってしまうと、眼の構造体の
一番弱い部分である視神経が影響を受けてしまいます。

 

しかし、眼圧は正常の範囲内にもかかわらず
緑内障になってしまうケースも多くて、
なんと全体の70%以上を占めるんです。

 

どーゆーこと?!ってなりますよね…

 

実は、眼圧が上がる原因である房水、
コレがどのように作られて吸収・循環しているのかは、
実はまだ完全には解明されていないんですね。

 

そのため、緑内障になってしまうメカニズムも
不明な点が多いんです。

 

つまり、緑内障の70%は原因がわからない、
ということになってしまうんですね…

 

40歳からなる緑内障はほとんどが正常眼圧緑内障

 

それでは原因が分からない事が多い緑内障の中でも、
70%を占めている正常眼圧緑内障についてご紹介します。

 

昔は年寄りの病気だと思われていた緑内障ですが、
ボクたち40代からリスクがある病気になった背景には、
この正常眼圧緑内障が大いに関係していたのです。

 

緑内障の症状としては、

 ・目の疲れ、かすみ

 ・視野が狭くなる

 ・視野が欠ける

 ・視力低下

などがあります。

f:id:amknz420:20170513064644j:plain

しかし、緑内障の初期段階では自覚症状はほとんどありません。

 

じわじわと見えない部分が広がり、片方の目に
見えない部分があっても、もう片方の目がそれをカバーしようとします。

 

なので、見えない部分がかなり広がらないと気付かない、
なんてことになってしまうんですよ。

 

実際に緑内障と診断された患者さんの、
なんと90%が自覚していなかったといいます。

 

もしかしたら気付いてないだけで、
アナタも発症しているかもしれないのです…

 

心配になってきましたよね?
そこで、自宅でできるセルフチェックをしてみましょう。

f:id:amknz420:20170501140358j:plain

 

まず白い紙に均等にマスが書かれたものを用意します。
約30センチ離して、片方ずつ目を覆って中心を見つめてみましょう、

f:id:amknz420:20170513064750p:plain

 

黒い点や線がぼやけて見えたり、

f:id:amknz420:20170513064802g:plain

 

部分的に欠けて見えたり、

f:id:amknz420:20170513065027g:plain

マスの歪みが感じられたら、

f:id:amknz420:20170513065034g:plain

 

要注意です!緑内障の可能性があります。

すぐに専門院で診てもらいましょう。

 

緑内障は、視覚障害の原因第1位で
失明につながるコワイ病気です!

 

一度、緑内障になり視神経がダメージを受けると
二度と元には戻らないのです。

なので、聞きあきたかと思いますが…

 

早期発見、早期治療!がいちばん大事なんですよ。

 

緑内障の治療法は?予防できないってホント?!

 

緑内障の治療は主に、房水の生成をおさえたり
排出をうながすための目薬が使われます。

つまり眼圧を下げる治療をするということですね。

 

正常眼圧緑内障でも、同じ治療法がとられます。

 

『えっ?眼圧が正常値でも、眼圧下げる必要ってある?』

と思うかもしれませんが、

 

意外にもこの正常眼圧緑内障の場合でも、
眼圧を30%下げると約80%の方に進行を抑える効果が出るんです。

 

この目薬で効果が出ない場合は、
レーザー治療や手術など他の手段が取られます。

 

f:id:amknz420:20170513065617j:plain

しかし、緑内障は治療したからといって
完治する病気ではなく、ずっと付き合って
いかなければならない病気です。

 

なので40歳を過ぎたら、
誰でも一度は必ず緑内障の検査を受けましょうね!

 

治る病気じゃないなら、
やっぱり緑内障にならないように予防したいですよね。

 

ところが、緑内障を引き起こす原因がハッキリしてないため、
確実な予防法はないとされているのも事実。

 

えー、ってことはお手上げ状態?!かと思いきや、
食生活の改善は大きな効果があるのでは!
と期待されてるようです。

 

脂肪の多い食生活は、
身体を流れる血をドロドロにしてしまいます。

 

このドロドロ血は、血行不良を引き起こす原因になるので、
緑内障の発症に大きな影響を与えると考えられています。

 

このドロドロ血を防ぐためには、
ビタミンを多く含む野菜などをを食べるといいですよ!

f:id:amknz420:20170513065103j:plain

昔から目に良いと言われてる食べ物といえば、

 

アントシアニンが豊富な、ブルベリーやカシス、黒豆、黒ゴマ!

目にいい成分がたくさん!アワビにサザエ!

ビタミン豊富な、にんじん、カボチャ、ほうれん草、しそ、パセリ、モロヘイヤ!

 

これらをぜひアナタの食生活に取り入れてみてください!

f:id:amknz420:20170513065114j:plain

セルフチェックはあくまで、簡易的なものです。

 

ボクのように男たちは40代になっても、
まだまだ若い!って都合のいいように考えてしまうもの…(笑

 

でも実際には、もうボクもアナタもオッサンです…(涙

 

目に違和感を感じるアナタ!
(ボクは最近、読み物を離して読むようになりましたが…)

 

そして全然大丈夫だと思ってるアナタも。

 

40を過ぎたら、1年に1回は
必ず眼の専門院で検査を受けましょうね!

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる