40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

健康長寿でいるためのサーチュイン遺伝子検査で寿命が分かる?│ためしてガッテン!

人間の寿命はサーチュイン遺伝子を見れば分かる

 

みなさんは遺伝子の構造を調べることによって、
この先の寿命が概ね分かってしまうという事実を知っていますか?

f:id:amknz420:20170510184228j:plain

ボクもこの事実を知った時、ここまで科学は進歩したのかと
驚きが半分、怖さが半分という気持ちになりました。

 

現在の科学で解っていることは、

人間の寿命は25%が親から受け継がれる遺伝子、
残りの75%が自らの生活習慣を反映して変化する遺伝子

という構成で決まっているということ。

 

病院やクリニックでサーチュイン遺伝子と呼ばれる
生活習慣を反映する遺伝子の検査をすると、

なんと4週間程度で自分の寿命が分かってしまうというから驚きです。

 

正直、そんな未来を決めつけられるのはいやだ、
現実を突きつけられるようなDNAチェックは避けたい
という方も多いのではないでしょうか?

f:id:amknz420:20170510184249p:plain

しかし、うまく活用すると良い影響しかない
遺伝子診断
ですので、今のうちに知識として
備えてしまいましょう。

 

寿命を決めるサーチュイン遺伝子ってどんなもの?

 

人間の染色体の先端にはテロメアと呼ばれる
尻尾のようなものがついており、この長さによって、
細胞の生きの良さが変わってきます。

 

短ければ短いほど細胞は死に近づき、
人間の生命としては老化が進んでいきます。

 

そして、このテロメアを守る働きをしているのが、
サーチュイン遺伝子なんです。

f:id:amknz420:20170510184305j:plain

しかし、このような遺伝子の存在が知られていながらも、
サーチュイン遺伝子は一般的な生活をしていると働かない
という事実もあります。

 

具体的な生活の一例として、食生活と睡眠が
サーチュイン遺伝子との関わりが深いと言われています。

 

よく腹8分目が健康には良いと言われていますが、
事実満腹状態ではサーチュイン遺伝子が
テロメアを守ることができずに、紫外線などのダメージから
細胞を守ることができない状況に陥ります。

 

また、睡眠も同様に不足すると
サーチュイン遺伝子が働くことができません。

f:id:amknz420:20160605152245j:plain

結果として、さまざまな細胞がダメージを
直接受けてしまい、免疫力が低下するために、
生活習慣病などを引き起こすことになる
というわけなんですね。

 

レスベラトロールで遺伝子は変化し長生きに好影響を与える

 

ここまで生活習慣が遺伝子に影響する
ということをお伝えしてきましたが、1つ救世主となる
栄養素がありますので紹介します。

 

その栄養素がぶどうの皮などに豊富に含まれる、
レスベラトロールです。

 

みなさん、地中海料理が長寿によい
と言われている理由をご存知ですか?

 

実は、あの地域は赤ワインの摂取量が多いため、
日常的にこのレスベラトロールを摂取する
食習慣があるためだと言われているんです。

f:id:amknz420:20161002163444j:plain

もし、お酒をよく飲むという方は、
赤ワインの比率を増やしてみることをおすすめします。

 

また、お酒を飲む習慣がない方は
サプリでも手軽に摂取できます。

 

もちろん、運動や睡眠など
生活習慣を見直す努力も必要ですが、

赤ワインやサプリの恩恵でサーチュイン遺伝子は
次第に変化しますので、娯楽ついでの健康増進に
役立ててみてはいかがでしょうか。

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる