40代後半…そろそろ健康やカラダのこと考えてみっか?

ブログへようこそ!管理人の福田瞬です。40代後半ともなると、ひとつやふたつカラダのガタが出てくるもの。もうほっとけばなんとかなるさ…って考えも通用しないかもね~

花粉症対策は今すぐ考えよう!今や人口の4割に増え続けてる

無視できない?今花粉症対策が必要な理由

 

花粉症に侵されている人の数が、
今や人口の4割にものぼることをご存知ですか?

今もなお、その数は増加し続けています。

f:id:amknz420:20170503175307j:plain

現在は、20代でも花粉症にかかる時代ですが、
もともとは40代に多かったのが花粉症。

年齢が進むにつれて、花粉症に
悩まされている方の割合も高くなっています。

 

また、花粉症の原因が食生活にあることも、
花粉症を無視することができない大きな理由です。

食事の欧米化やデジタル家電の普及によって、
うまく体がスギやヒノキなどから放出される花粉に
対処できなくなったことが原因のひとつと言われています。

 

働き盛りだからこそ、軽度だからと無視せずに、
今のうちから先を見越した対処が必要を行いましょう。

 

どうなったら花粉症?具体的な症状とは

 

春先になると途端に
目のかゆみや鼻づまりなどの症状が出るという方と、

軽度でたまにしか症状が出ないという方とでは、

自分が花粉症にかかっているかの
分かりやすさも違うものです。

f:id:amknz420:20170503175425j:plain

また、風邪との見極めが難しいのも花粉症の特徴。

 

花粉症の代表的な症状としては、
サラサラした水っぽい鼻水がでる、
目のかゆみがあるとされています。

 

特にボクが感じるのは鼻の奥のほうがチリチリとして、
くしゃみが出そうで出ない状態が続きますね。

コレが結構ツラくて、
鼻をかんだくらいじゃ全く変わらないですからね。

 

しかし、風邪をひいてもあまり病院にいかない
という方は、知らないうちに花粉症が
進行してしまっている可能性もあります。

 

仮に、風邪の症状を相談するために病院を
訪れたとしても、明確に花粉症と診断される
ケースは稀で、風邪ですので薬を出しますね
と言われてしまうのが一般的です。

 

花粉症の場合は、耳や鼻に症状が現れることが
多いために耳鼻科を診療しなければ適切な
対処の仕方を知ることもできません。

f:id:amknz420:20170503175549j:plain

風邪の相談をしに訪れた病院で出された薬で、
鼻水などの症状が改善しなかった場合には、
面倒でも耳鼻科を受診する必要があります。

 

先を見越して!花粉症は薬で対処しながら生活改善

 

花粉症の症状は命に関わるほど重篤な症状が
出るわけではないために、軽視されることが多いのも事実。

 

しかし、根本から改善しようと考えた場合には、
かなり長い期間が必要になります。

体内に侵入した花粉が肥満細胞という組織に
付着することで一時的な対処を行いますが、

それ以上のアレルギー物質が体内に侵入した時に
対処しきれずに鼻水などの症状として表れます。

 

基本的には免疫力を高めるしか、
根本からの改善は見込めないのが現状です。

f:id:amknz420:20170503175630j:plain

薬を飲むことで一時的な対策を行うことができますので、
集中力の欠如などで仕事に影響が出ている場合には、

受診した上で薬を服用するのも有効です。

 

このように、短いスパンと長いスパンとの
二段構えの対策を講じて、半年や1年などの
長い期間をかけて改善していくベストな方法です。

カラダがだるい、疲れが取れない、
ちょっと激しく動けば息切れが…

歳を重ねると誰だって出てくる症状、
前もって知っておけば対処や行動にも現れるはず!

当たり前だけど、早期発見・早期治療でココロもカラダも若さをキープしましょうよ!

>>ホームへもどる